にころぐ

スポンサードリンク

ジミー大西が絵描きをやめた理由を岡村隆史が暴露

1: 2017/07/24(月) 18:59:58.29 _USER9

【芸能】ジミー大西が絵描きをやめた理由を岡村隆史が暴露「時間かけて描いても計算したら時給350円。分かった瞬間、筆を全部折った」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170724-00010003-flash-ent


(続きを読む…)

【この要求を呑めるか?】ヤマトがアマゾンに1.7倍の運賃値上げと総量抑制を要請へ

1: 2017/07/25(火) 07:17:16.55 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典

 労働現場がパンクしたヤマト運輸と、その引き金になったアマゾンとの
交渉が大詰めを迎えている。関係者によると、ヤマトがアマゾンに対して、現状の1.7倍への値上げを要請しているという。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170725-00136018-diamond-bus_all


(続きを読む…)

【悲報】声優の竹達彩奈さん、SNOWをすっぴんのまま晒してしまうwwwwwww

1: 2017/07/23(日) 19:35:33.542 0



竹達 彩奈 @Ayana_take

現場で『最近snowでいろいろ変身するのにハマってる』という話をしたら『え!?今更!?遅いよそれ!』と言われました。笑
いろいろ変身できて楽しいね!

https://mobile.twitter.com/ayana_take/status/889060374883868672
no title


(続きを読む…)

結婚した男達の末路wwwwwwwwwwwwww

1: 2017/07/24(月) 07:14:14.32

no title

no title

no title


(続きを読む…)

【画像】最近のJKの流行りがwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 2017/07/24(月) 03:34:08.799

no title


シュールすぎwwwwwwwwwwwwwww


(続きを読む…)

【悲報】東京五輪が危ない・・・・・・・

1: 2017/07/24(月) 09:44:52.57 _USER9

【東京五輪が危ない】(上)灼熱38℃ 選手と観客襲う 男子マラソン「過去120年で最も暑い環境」

 脱水症状でよろめきながら、一歩一歩ゴールを目指すガブリエラ・アンデルセン(スイス)に、スタンドの観衆が立ち上がって声援を送る-。

 “美談”として語り継がれる1984年ロサンゼルス五輪女子マラソンのワンシーンが、2020年東京五輪で再現されることを危惧する人がいる。

 「フラフラになりながらゴールする姿は感動的と思われがちだが、命の危険を伴う。日本の夏は湿気の高さが特徴で、特にヨーロッパなど海外の選手には過酷だと思う」

 1996年アトランタ五輪陸上女子日本代表で、2003年世界選手権女子マラソン銅メダリストの千葉真子さんが、首都・東京に潜む危険を指摘した。

■ ■ ■

 東京五輪の会期は7月24日から8月9日までの17日間。東京では昨年のこの期間、最高気温が30度を超える日が12日あった。そのうち、東京五輪男子マラソンが行われる予定の8月9日に至っては38度の猛暑日だった。今年も7月5日以降、真夏日が続いている。

 東京消防庁によると、都内ではここ数年、7、8月はそれぞれ1千人以上が熱中症で救急搬送されている。本番でもアスリート、観客ともに厳しい環境にさらされることが予想される。

 東京都は暑さ対策として、競技会場周辺に霧状の水をまくミストシャワーを設置する。選手が感じる暑さを和らげるため、路面の温度上昇を抑える特殊な舗装などを施す。打ち水の普及を図るなど、街を挙げての“おもてなし”も計画しているが…。

 1912年ストックホルム五輪男子マラソンでは、ポルトガル選手が脱水症状で意識を失い、翌日帰らぬ人となった。近代五輪初の死者だった。

 米メディアは、科学誌「ジャーナル・オブ・スポーツ・サイエンス」のデータをもとに、最も過酷だったのは1900年パリ五輪の男子マラソンだったとしている。当時の気温は35~39度で、半数を超える選手が途中棄権に追い込まれたという。

 「東京五輪での男子マラソンが気温38度、もしくはそれ以上の中で行われることになれば、少なくとも過去120年で最も暑い環境下での開催となりそうだ」(米メディア)

 湿度の高い日本で行われる東京五輪は、体感温度が過去の五輪よりも上がる可能性が高い。特に長時間にわたって走り続けるマラソンは、灼熱(しゃくねつ)の太陽の下、多くの選手や観客が熱中症となる恐れがある。

(続きはソース)

http://www.sankei.com/tokyo2020/news/170724/tko1707240001-n1.html
2017.7.24 05:00


(続きを読む…)

1234567

スポンサードリンク

最新記事

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

スポンサードリンク